記事一覧

    適正経費率(α経費率)と減価償却費、売上総利益について検討する

    事業内容によって変動するので一概には言えないが一般的な事業の経費率はおよそ60%とされている。ただし設備投資によって発生する減価償却費は過大となるため、除外して計算するのが適正だろう。初年度は消費税還付による利益発生のため正確な数値が出ないため算定外とする。昨年(平成29年)の経費率は123.5%(減価償却費を含んでの算定)61.0%(減価償却費を除外しての算定)太陽光発電設備の初期投資額は大きいのでどうして...

    続きを読む

    個人版事業承継税制によって個人事業主の事業継承がスムーズになるのか

    個人事業主はあくまでも個人であり法人ではないのは当たり前。その結果法人であれば社長交代で済む事業継承が個人事業主では容易ではないのだ。個人事業主の資産(不動産、棚卸資産など)はあくまでも個人のものなのでそれを子に引き継ぐには贈与の手続きとなってしまう。2025年までに70歳を超える個人事業主は約150万人いるとされる。引退期を迎えた個人事業主が税金を理由に廃業を迫られるのを防ぐ狙いだがそもそも子が家業を継...

    続きを読む

    特定投資法人からの配当

    特定投資法人とは。公共の利益または国の政策上の特殊な事業を遂行するために、特別法によって設立された法人。国際協力銀行・日本道路公団・商工組合中央金庫など。特定投資法人からの配当は配当所得として総合課税(20.315%源泉徴収)となる。公益性がありそうなので利子所得と迷うところであるが配当所得とされている。...

    続きを読む

    人格のない社団等から受ける収益の分配と解散による清算分配金

    人格のない社団の定義とは。多数の者が一定の目的を達成するために結合した団体のうち法人格を有しないもので、単なる個人の集合体でなく、団体としての組織を有し統一された意思の下にその構成員の個性を超越して活動を行うもの。法人格を有していないPTAや町内会に加えて、登記のないマンション管理組合や労働組合、同好会など。法人として登記されていれば当然納税義務が発生するのだがこれら人格のない社団でも収益事業を行う...

    続きを読む

    利子所得と配当所得の違いを比較する

    利子所得とは、預貯金及び公社債の利子並びに合同運用信託(貸付信託に代表される)、公社債投資信託及び公募公社債等運用投資信託の収益の分配に係る所得のこと。配当所得とは、株主や出資者が法人から受ける剰余金や、利益の配当、剰余金の分配、投資法人からの金銭の分配又は投資信託(公社債投資信託及び公募公社債等運用投資信託以外のもの)及び特定受益証券発行信託の収益の分配などに係る所得のこと。重複して分かりづらい...

    続きを読む

    税理士試験選択おすすめランキング

    文章書いてみてランキングにはなってなかったンゴwwwなのでとりあえずワースト1は相続税、ワースト2は住民税又は事業税としておく。選択必修の所得税法または法人税法個人か法人か、であるが税理士試験受験者は法人税経験者が多く、なじみのある分野なので強いことがある。比率としては圧倒的に所得税法のようだが合格率は所得税法の方が高い。ただし両方受験した人によると法人税の方が簡単だという意見が見られた。とりあえず...

    続きを読む

    税理士試験の日程と5科目制覇に向けて

    日付は平成30年のもの。毎年8月の火、水、木の3日間に渡り実施される。受付期間 平成30年5月8日(火)から同年5月18日(金)まで試験期間  毎年8月の火、水、木合格発表予定日 平成30年12月14日(金)発表は12月ということで4か月もの間待たされるわけだ。受験費用は次の通り。別に1科目のみ受験してもいいがコスパ悪い。           1科目 2科目 3科目 4科目 5科目受験手数料 4,000円 5,500円 7,000円 8,500円 10,000...

    続きを読む

    年末調整の法人としての期限は翌年1月31日

    サラリーマンはそろそろ年末調整の提出期限が迫っていることだろう。一般的には11月末頃までが従業員が会社に書類を提出する期限であることが多い。ところ法人、事業主としての期限はいつなのだろうか。その前に年末調整は事業主の義務であり、労働者の義務ではない。にもかかわらず事業主は労働者に提出を義務付けている風習がある。事業主としては義務なのでしなければ税務署からにらまれるためやむを得ないところだ。年末調整の...

    続きを読む

    消費税10%への引き上げと軽減税率導入は2019年10日1日開始

    以前より消費税法によって消費税10%への引き上げは確定されていたが消費税率10%への引き上げを2017年4月から2019年10月に再延期する税制改正関連法が2106年11月18日午前の参院本会議で自民、公明両党などの賛成多数で可決、成立した。引き上げに伴い、同時に軽減税率制度もスタートする。軽減税率の対象となるのは酒類、外食を除く飲食料品と週2回以上発行される新聞(定期購読契約に基づくもの)となっている。国税庁より「よ...

    続きを読む

    調整対象固定資産取得、課税事業者選択の取りやめと簡易課税制度選択の制限

    新たに開業した年から課税事業者を選択した個人事業者が、その開業した年に調整対象固定資産の課税仕入れを行い、かつ、その仕入れた日の属する課税期間の消費税の確定申告を一般課税で行う場合、開業1年目(基準期間)の課税売上高が1千万円以下であっても、開業3年目は課税事業者となるのか。<シナリオ>2016年に開業、調整対象固定資産を取得する。2016年売上は1000万円以下。2016年2月1日に開業届と課税事業者選択届出書を提...

    続きを読む

    副業の本業というパワーワードwww

    本業:サラリーマン(給与所得)副業:太陽光発電事業、動画広告業、小売業副業の本業:太陽光発電事業(売上規模が副業の中で最も大きい)副業が本業の利益を超えたら当然ながら本業と副業が逆転することになる。副業はサラリーマンです、って言ってみたいところ。まあそれくらい副業規模が大きくなればサラリーマンをやめて脱サラするのが普通だと思うが。小売業は自分の実労働比率がけっこう大きくて副業とは言え負担が大きい。...

    続きを読む

    クリックポスト164円のうち消費税相当分は12円

    152円×1.08=164.16≒164円ということでクリックポストの費用164円における消費税相当額は12円ということになる。経費処理することで消費税が12円分相殺されるわけだ。まあ微々たるものだが塵も積もれば山となるのは確か。...

    続きを読む

    仕入れに伴う送料負担を仕訳する方法

    卸会社よりの仕入れで送料をこちらが負担した場合、仕入れに送料を含めるのが一般的である。例:1万円の商品を仕入れて送料1000円と共に現金で支払った場合仕入れ11000円/現金仕入れに伴う送料負担は仕入れ原価に含めるのが通常である。逆に販売した商品の送料負担は仕入れ原価ではなく荷造運賃として仕訳する。...

    続きを読む

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    141位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    76位
    アクセスランキングを見る>>