記事一覧

    お金が貯まる(預貯金、貯蓄)財布の選び方

    財布はお金の住み家。安すぎる物件はセキュリティとかいろいろよろしくはない。そのため、それなりにいいものを用意するべきである。・お気に入りのブランド財布を購入する住み家は外見も重要。5万程度のものを長く愛用する。・カードの入れすぎを避けるカードポケット1つにつき3枚以内に収める・お札の向きを揃えるお札の顔は下向きがいいらしいが私は上向きにしている。・レシートは速やかに処分する経費処理のためにもさっさと...

    続きを読む

    とりあえず任天堂は株式分割で1単元を10分の1くらいにするべき

    1単元300万円以上とか機関投資家と金持ち個人投資家しか購入できない価格設定。いやまあ買えなくはないが1銘柄に300万円以上投資するリスクは負いたくないところ。配当利回りは現状で2%弱と取り立てて優れているわけでもない。スイッチ人気も一服し、今後はスマホゲーム部門がいかに収益を上げるかがポイントとなってくるだろう。残念ながらコンシューマーゲーム部門は右肩下がりになっていく予感。...

    続きを読む

    巨額買収計画の武田薬品工業、大きな賭け

    武田薬品工業が大手製薬シャイアーを買収すると報道されてから武田薬品工業の株価は右肩下がりの一途を辿っている。本日本社ビル群を売却し買収費用に充てることが発表された。創業の地を失うことになる。株主総会においても株主から避難の声が上がった。座して死を待つよりはアクティブに攻める、を選択した武田薬品工業の未来はどうなるのか?...

    続きを読む

    9810日鉄住金物産が名称変更、日鉄物産へ

    卸売業、専門商社。名称変更で日鉄物産へと短くなり三井物産的な感じになる。新日鉄住金系列の専門商社。13年に日鉄商事と住金物産が合併。鉄鋼を主軸に産機や繊維もやっているようだ。三井物産の鉄鋼事業一部譲受で通期売上利益上乗せ。鋼材は単価横ばい想定でも、国内外の需要増を背景に、扱い数量増加。産機・インフラ横ばいだが一過性のコスト増や在庫過剰で前期後退した繊維、食糧が持ち直し、営業益大幅増。増配。1株益702...

    続きを読む

    お食事券がなくならない罠

    いろんな株主優待銘柄を保有しているとお食事券がもらえることがあるのだが銘柄が多いとその量も多い。なるべく利用しているのだが消費が追い付かないで次期優待が届くことがある。金券ショップでも売れるがどうせなら使った方がお得だし会社の売上にもなるので使いたいと思っている。とはいえ昼吉野家、夜ガストとかは正直つらい。...

    続きを読む

    7456松田産業よりクオカード2000円分到着する

    2000円はうめえ。ただし1年以上継続保有しないともらえないので注意。配当利回りは1.84%と微妙、総合利回りでは3.06%と及第点。今回より隠し優待としてオリジナルカレンダーを配付するようだ。希望者は専用はがきを提出する必要あり。カレンダーのクオリティは不明だがとりあえずもらっておくことにする。...

    続きを読む

    あかつき本社の新株予約権について詳細を考察した

    2017年にも既存株主に対する新株予約権を無償割当てを行い資金調達していたのだが2018年にも行うようだ。トータルエステートグループの株式取得資金充当が目的とのこと。・非上場型新株予約権の無償割当てにより、19億円・銀行からの借入により、30億円・あかつき本社無担保社債(第4回)の発行により、10億円合計59億円の資金調達を行っていた。2018年新株予約権の詳細はこちら。平成30年7月25日に当社普通株式を保有(受渡ベース...

    続きを読む

    8737株式会社あかつき本社よりクオカード500円到着だが今回で株主優待廃止が決定

    配当については株主総会での議決が必要だが株主優待は株主総会での議決は不要で取締役会議決のみでよいようだ。なので株主優待はあっさり廃止されてしまうことがよくある。機関投資家にとっては配当第一で株主優待は意味がないので機関投資家としては株主優待は廃止し、配当上げろというスタンスになる。配当利回りは4.34%と非常に高い。...

    続きを読む

    4275カーリットホールディングス株式会社よりUCカード1500円到着

    ところでなぜ1500円なのだろうか?券種額面が違うと事務手続きとか面倒そうなのでどうせなら2000円にしてくれると嬉しいのだが。調べたらベースは500円で3年以上継続保有の場合1,000円増されているようだ。(100株保有株主の場合)現時点での配当利回りは1.27%1株益63.7円に対して12円配当(記念配当2円含む)。配当性向は18.8%に留まる。 微妙なところだが1株945円と単価が安いので放置しておいても害はない。...

    続きを読む

    2915ケンコーマヨネーズ、60周年記念クオカード配布される

    いつもはマヨネーズなど製品の株主優待のみだが本年は創立60周年らしくクオカード1000円分が記念品としてもらえてラッキーであった。こういうのがあるので書類はそのままゴミ箱には捨てられない。一度は開封して中身を検める必要がある。決算としては7期連続の増収、3期連続の過去最高益だったらしい。マヨネーズ売上としてはキューピーに次ぐ業界2位のポジション。NISA初年度に購入した思い出ある銘柄であるが今年でNISA期限が終...

    続きを読む

    日本エスリードよりギフト申込書到着

    例年12月のハムセットにしていたが今年は生ハムみたいな違うのに変更されていたので仕方なくみかんにした。...

    続きを読む

    ラサ商事とルネサスイーストンよりそれぞれクオカード1000円ずつ到着

    クオカードは申し込みなしで自動的に届く(株主総会報告書に同封)のでわざわざ申し込みはがきを書かなくていいのが楽である。クオカードはコンビニほかいろんなところで使える便利な金券で有能。...

    続きを読む

    3252日本商業開発の株主優待利回りを計算してみる

    以前は100株からもらえた株主優待であるがいつの間にか300株以上になってしまった。300株 年間6000円のジェフグルメカード700株 年間12000円のジェフグルメカードそれでは優待利回りを算出してみよう。現在の終値は1833円なので100株では18万3300円となる。300株の場合:54万9900円で利回り1.03%700株の場合:128万3100円で利回り0.94%以上より最大コスパは300株ということになる。尚、配当も3%出るので総合利回りは4%を超え...

    続きを読む

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    200位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    93位
    アクセスランキングを見る>>