記事一覧

    Youtube収益における各種用語について解説

    収益受け取り対象の再生:
    視聴者がその動画を視聴して少なくとも 1 つの広告が表示されること。
    また、視聴者がプレロールの再生中に再生を終了した場合もカウントされる。

    再生回数に基づくCPM:
    有効インプレッション単価、つまり広告主に課金された個別の再生に関係なく、
    広告が表示された再生1,000 回あたりの推定平均収益(実質 CPM)

    うちの場合3.15ドルになっている。
    1000回につき3.15ドルということは1再生あたりは0.00315ドルということ。

    CPM:
    有効インプレッション単価、つまり配信された
    広告インプレッション数1,000 回あたりの推定平均総収益(実質 CPM)

    うちの場合2.55ドルになっている。

    YOUTUBE 広告収益:
    選択した期間と地域における、すべての Google 広告配信元と
    DoubleClick パートナー広告配信元からの推定総収益。
    1再生あたりの単価×再生回数にて算出される。
    微妙な誤差の修正もあり。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    138位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    70位
    アクセスランキングを見る>>