記事一覧

    非弁行為と保険会社の示談交渉

    非弁行為(非弁行為の禁止)とは金銭を受け取る交渉は弁護士資格を保有する者、または
    当該事案の本人しか行ってはいけないというもの。
    正確には「非弁護士の法律事務の取扱い等の禁止」という。

    例外として契約者に過失がある事案であれば保険会社でも示談交渉が許されている。
    これは保険会社があくまで「損害賠償の当事者」として
    交渉している、との解釈からである。
    逆に言えば完全なもらい事故、過失ゼロ案件では本人が交渉しなければならない。
    更に自転車(当方)VS自動車(相手側)の事故においては当方が自動車ではないことから
    対応の範囲外となってしまう。自動車保険では自転車搭乗中の事故における過失は
    「損害賠償の当事者」とはならないため、同じく保険会社が示談交渉をできない。

    その対策として自動車保険に付帯されているのが弁護士交渉特約といった類のもの。
    これがあれば過失ゼロ案件において弁護士が交渉を代行してくれる。
    この特約のみ利用しても保険の等級はダウンすることない。
    据え置きとなる。

    個人賠償責任保険(歩行中、自転車搭乗中、公共機関搭乗中など)は自転車だけでない
    日常生活の対人、対物賠償に対応できる。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    200位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    93位
    アクセスランキングを見る>>