記事一覧

    オステオカルシンがインスリン分泌を促す

    オステオカルシンは骨芽細胞から
    分泌されるホルモンで骨形成マーカーとなる。
    高回転型の骨粗しょう症、つまり
    骨芽細胞も活性化されているがそれ以上に
    破骨細胞が活性化されている状態では
    オステオカルシンは高値を示す。
    逆に低回転型では低値を示す。

    オステオカルシンはマーカーとしてだけでなく
    インクレチンを介したインスリン分泌を
    促すとの報告がある。


    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    151位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    79位
    アクセスランキングを見る>>