記事一覧

    大雪なのだがスタッドレスを購入するほどでもないならオールシーズンタイヤ

    スタッドレスタイヤは雪道、凍結路専用。
    通常の路面や濡れた路面では制動性は劣る。

    サマータイヤは通常路面や濡れた路面での制動性、
    もしくは燃費を追求したタイヤで
    雪道、凍結路は不可。道路交通法違反により罰金が課せられる。

    オールシーズンタイヤはスタッドレスとサマーの中間といったタイヤで
    その名の通りオールシーズン対応となる。
    性能は通常路面、ぬれた路面ではサマータイヤとおおむね同等性能、
    静粛性や燃費性能は劣る。
    雪道や凍結路ではスタッドレスほどの性能はないものの、
    サマーに比べると歴然の差がある。
    高速道路の雪道規制にも対応しているものが多い。

    問題はオールシーズンタイヤが標準装備されている車が少ないことだ。
    SUVやクロスオーバーといったものは標準のことがあるが
    通常のセダンやコンパクトではまずあり得ない。
    そのため、結局はスタッドレスほどではないもののそこそこの値段で
    タイヤとホイールを別途購入し保管するか
    サマータイヤを破棄してオールシーズンを常用することになる。
    純正品のサマータイヤが無駄になってしまうのがもったいないところ。

    そのため、どうせ購入しないといけないのなら
    スタッドレスタイヤを揃えた方が運動性能は優れている。

    自分でタイヤ交換できない人、めんどくさい人は
    オールシーズンで対応するのが無難か。

    結局めったに雪が降らない首都圏では積雪があったら
    公共交通機関かタクシーを利用するのが最も安上がりなのは確定している。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    80位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    43位
    アクセスランキングを見る>>