記事一覧

    伊藤潤二コレクション寒気に出てくる翡翠の彫板(ひすいのちょうばん)

    翡翠の彫板(ひすいのちょうばん)と聞いても
    なにかわからずに調べてみた。

    ちょうばんというのは聞いたことない
    単語だったりする。

    木版印刷を行うために文字や図様を彫刻した板。〈版木〉とも書き,彫板(えりいた),形木(かたぎ)ともいう。木版印刷用の版には板木を用いるものと,木活字を用いるものとがあるが,前者を整版,後者を活版(活字版)と称する。

    えりいたというのがメジャーなようだ。

    話としては謎の彫板を持つと体に穴が
    空くという。やくわからんが
    短編集なのであまり深く考えるものでは
    ないのだろう。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    156位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    81位
    アクセスランキングを見る>>