記事一覧

    透析患者のドライウェイト評価に有用なhANP(ハンプ)

    ハンプはヒト心房性利尿ペプタイド
    (human atrial natriuretic peptide)というもの。
    心房から分泌され、体液量の増加によって
    分泌が促される。

    透析後採血でhANP100以上であれば
    ドライウェイトを下げ、
    hANPが25以下でドライウェイトを上げる。

    透析前は水分が体内で増えているので
    hANPは高くなる。
    25~60pg/dlが適正範囲とされている。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    156位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    81位
    アクセスランキングを見る>>