記事一覧

    鉄の吸収率はヘム鉄、非ヘム鉄で異なる

    鉄には非ヘム鉄とヘム鉄がある。
    非ヘム鉄はポルフィリン環に鉄が囲まれていない鉄であり、
    よくあるピロリン酸第二鉄、クエン酸第一鉄といったものは非ヘム鉄である。

    ヘム鉄は鉄(Fe)とポルフィリン環により形成され、酸素を身体のすみずみまで
    運ぶ役割を担っていて、肉や魚などの動物性食品に多く含まれている。
    レバーは鉄含有量が多いがヘム鉄である。

    一般的に非ヘム鉄の吸収率は5%程度、ヘム鉄の吸収率は15~25%とされているので
    摂取するのならヘム鉄の方が望ましい。

    鉄剤であるフェロミア(クエン酸第一鉄)は100mgが一日標準量であるが
    実際に血液中に吸収されるのはそのうち5mg程度となる。
    大部分は吸収されずに便中に排泄される。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    156位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    81位
    アクセスランキングを見る>>