記事一覧

    NT-proBNPはBNPよりも取り扱いが容易な心不全指標となる

    NT-proBNPは、BNPと同じくBNP前駆体から分解されて生じるホルモンで、
    心不全患者で著明に上昇し、診断精度も同等と評価されている。
    検体取り扱いについてもBNPは血漿(血球を分離する必要あり)なのに
    NT-proBNPは血清で測定できる点が優れている。

    心不全の重症度を鋭敏に反映する順としては
    ANP<BNP<NT-proBNPとされている。

    BNPは脳性ナトリウム利尿ペプチドと訳される。
    ANPは心房性ナトリウム利尿ペプチドと訳される。

    透析患者の体重評価としてhANP(ハンプ)がよく利用される。
    hANPは心不全評価よりも体重評価として優れている。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    101位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    56位
    アクセスランキングを見る>>