記事一覧

    君の名は。を観た、色んなエッセンスの埋まった作品

    映像と音楽が素晴らしいのは当然。
    過去にあった色んな作品のエッセンスが
    埋まった作品。
    決して真似とかではない。

    失われた記憶と人物を捜すクラナド風子ルート。
    捜してたのは過去の人物、FF10、
    すれ違いの切なさ、秒速5センチメートル。
    避難させるために事件を起こす。
    過去に出会っていた。
    アイテムが二人をつなぐ。
    思い出せないことに涙する。
    ひぐらしの要素もなんとなく。

    具体的に作品を思い付かないのもあるが
    なんとも胸を締め付けられるような
    想いが溢れる。

    なぜ町長がみつはの言葉を信じて
    避難訓練を強行できたのか、
    時間的に大部分が避難できたのか、
    いろいろ疑問を感じないことはないが
    バッドエンドではない、その先を
    想像できるエンディングとなった。

    運命の人、そんな言葉は陳腐だろうが
    お互いの生活を互いに体験するなんて
    運命の人以外にいい言葉が思い付かない。

    号泣するには至らないが一筋の涙が
    こぼれる作品。

    2021年瀧くんより3つ歳上の三葉。
    坂の途中で出会った、いや再会した
    二人はどんな時間を過ごすのだろうか。
    四葉も成長して高校生になったらしき
    姿を見れて、テッシーとその彼女も
    元気でよかった。ばあちゃんと父親は
    元気であろうか。

    2016年最大ヒット作品は今後も
    語り継がれていくだろう。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    200位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    93位
    アクセスランキングを見る>>