記事一覧

    金融資産と流動資産の違いを比較する

    事業をやっていて更には資産一覧をエクセルで記録していると
    金融資産と流動資産という用語の違いを考える必要がある。
    流動資産というのはバランスシート(貸借対照表)における用語である。

    流動資産=金融資産+売掛金+仕掛品+減価償却

    金融資産に期中に現金化されそうなものを足したものが流動資産となる。

    家計においては売掛金や仕掛品、減価償却は存在しないので
    流動資産イコール金融資産とみなしてよい。

    金融資産が3000万未満の人間をマス層という。
    マス層とは一般大衆層ということ。
    野村総研が設定している区分分けなので
    一般的な大衆にしては基準が高いと言える。

    金融資産が3000万を超えてようやく小金持ちと名乗ることができるだろう。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    147位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    80位
    アクセスランキングを見る>>