記事一覧

    現時点での現預金比率は41.9%

    目安としている45%には2016年2月以降達していない。
    常に下回る比率となっている。
    一時期は30%台にまで落ち込んだ時もあり。
    45%を維持することで金融不況にも対応できる現預金比率を
    確保していることになるので45%前後に近づくまでは
    投資自体を控えて資金、現預金を蓄積させなければならない。
    手っ取り早いのは株や債券などを売り払うことなのだが
    現時点で売っていいと考えられるものがない。
    正直言うとトルコ債券とオーストラリア債券は赤字続きで
    うっとおしいので売り払ってもイイと感じているのだが。
    特にトルコは悲惨すぎワロタwww
    ISISが滅亡寸前になっているのになぜこんなに下がったままなのか
    小一時間問い詰めたいところである。
    これらは満期が2019年3月と9月であり、あと2年弱なので
    もう面倒で放置で満期償還でいいかとなっている。
    2019年は大型損失が発生する見込みなので
    2019年は他のでがっつり利益を出して相殺したいところ。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    80位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    43位
    アクセスランキングを見る>>