記事一覧

    肥満細胞マスト細胞は脂肪細胞とは関係ないが抗ヒスタミン薬と関係が大きい

    花粉症🎄🌁😵最盛期を向かえ、
    日々苦しんでいる人は多い。
    現状は抗ヒスタミン薬による
    対症療法が主体だが抗ヒスタミン薬とは
    なんだろうか?

    関与しているのが肥満細胞別名マスト細胞である。
    肥満細胞はIgEを介したI型アレルギー反応を起こす。

    肥満細胞の中にはヒスタミンをはじめとした
    各種化学伝達物質(ケミカルメディエーター)があり、細胞表面に結合したIgEに抗原が結合し
    その架橋が成立すると、それがトリガーとなって
    細胞膜酵素の活性化がうながされ、
    結果的に内容物である特異顆粒、
    すなわちヒスタミンなどが放出される。
    これを脱顆粒という。
    ヒスタミンだけでなくロイコトリエンなんかが
    出てくる。

    抗体を産生するのはB細胞、
    抗原の存在を認識しデータを
    B細胞に伝えるのがTh細胞、
    ヘルパーT細胞だ。

    抗ヒスタミン薬は脱顆粒してきたヒスタミンが
    細胞に結合するのをブロックし、
    ヒスタミンによるアレルギー反応を
    抑制する。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    101位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    56位
    アクセスランキングを見る>>