記事一覧

    確定拠出年金iDeCo(イデコ)のメリットとデメリット

    確定拠出年金、iDeCoはSBI証券にも特設ページが作られるなど
    政府や証券会社が積極的に後押ししている制度だ。

    メリットについては散々それらホームページにて語られているものの、
    デメリットについては言及されていないことが多い。

    まずはメリット。

    ・確定申告にて所得控除され、所得税と住民税が安くなる。
    →所得税率によるが月額最大23000円×所得税率分が減税となる。
    ・運用収益は全て非課税となる
    →ただし結果が出るのは60歳の時点という罠。
    ・受け取る老齢給付金は退職金や年金として所得控除が適用される。
    →掛け金が流動資産でなくなるのはデメリットだが。

    デメリットはこちら。

    ・60歳の老齢給付金受け取りまで資金が拘束される
    →若い時の100万と60歳の100万では価値が違うと思うぞ。
    ・当たり前だが運用益が出るとは確定していない
    →損失が出た場合は毎年の確定申告で処理していく方が結果的にダメージが少なくて済む
    ・投資先商品が基本的に投資信託(非上場)のみ
    →当然信託報酬とかいろいろ取られるため運用利回りは低くなりがち。
    ・勤務先に書類提出して手続きしてもらう必要あり
    →担当者としてはうぜぇと思うこと請け合い。
    ・既に住宅ローン減税とかを適用している場合は減税される税金が存在しないことも
    →既に支払っていない税金を更に取り戻すことは不可能。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    147位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    80位
    アクセスランキングを見る>>