記事一覧

    テクニカルな控訴

    裁判においては最終的に判決によって
    勝訴、敗訴が決定する。
    一部勝訴、一部敗訴ということもあり。

    裁判自体は非常に低額な印紙代で提起できるのだが
    それに要する時間、弁護士費用は大きい。

    テクニカルな問題として相手の時間、お金を間接的に奪う
    手段としての控訴もあり得るのだ。

    試合に負けて勝負に勝つ、という考え方である。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    156位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    81位
    アクセスランキングを見る>>