記事一覧

    インターロイキン6は脂肪細胞が分泌するアディポサイトカイン

    インターロイキン6の作用は多岐に渡る。

    ガン細胞によって過剰に作られた
    インターロイキン6は
    筋肉を分解する、
    ぶどう糖を得るための血管新生、
    褐色脂肪組織化、
    といった作用があるらしい。
    結果として悪液質、ガリガリに痩せ細ってしまう。

    褐色脂肪は脂肪を燃焼して
    エネルギーを消費させる細胞。
    年齢が上がるごとに減っていく。

    褐色脂肪細胞を増やす方法。
    高濃度の茶カテキンを含んだ飲料を5週間継続して
    摂取したところ、褐色脂肪組織の活性
    (寒冷時に誘導されるエネルギー消費変化量)が
    約2倍に高まることが判明した。

    インターロイキン6の血中濃度が低いほど
    がんの生存率が高いとされる。

    結果的にインターロイキン6を抑える
    アクテムラは脂肪増加による
    体重増加を引き起こす可能性が示唆される。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    80位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    43位
    アクセスランキングを見る>>