記事一覧

    一酸化窒素とcGMPの関係は神経伝達物質とセカンドメッセンジャー

    生体内では一酸化窒素は、一酸化窒素
    合成酵素 (NOS) によってアルギニンと
    酸素とから合成される。

    一酸化窒素は細胞内の可溶型グアニル酸シクラーゼを
    活性化してサイクリックGMP (cGMP) を
    合成させることによりシグナル伝達に関与する。

    セカンドメッセンジャーも神経伝達物質であるが
    一次の神経伝達物質によってのみ
    活性化されるものであるから
    セカンドメッセンジャーと呼ばれる。

    cGMPはホスホジエステラーゼによって
    分解される。

    ANP→グアニル酸シクラーゼ→cGMP→血管拡張
    一酸化窒素→グアニル酸シクラーゼ→cGMP→血管拡張

    血管拡張以外にも平滑筋弛緩や糖代謝に
    関与している。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    156位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    81位
    アクセスランキングを見る>>