記事一覧

    便秘型過敏性腸症候群(IBS-C)にリンゼスが食前の理由は?

    臨床試験において食後投与だと
    下痢の副作用発現頻度がかなり高くなったらしい。

    その理由ははっきりしていないが
    食事と医薬品が大腸内に共存することで
    グアニル酸シクラーゼ受容体活性度合いが
    高くなりすぎてしまうと予想する。

    イオンチャネルを開放して塩化物イオンや
    重炭酸イオンが管腔内に流入するために
    腸液分泌量が増える。

    一回量は2錠であるが始めは1錠で
    スタートするのが無難かもしれない。

    血液中にはほとんど吸収されず
    糞便中に排泄される。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    147位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    80位
    アクセスランキングを見る>>