記事一覧

    心房細動での心拍数と脈拍数のずれ

    心房細動(AF)では、脈拍数(PR)が
    心拍数(HR)よりも少なくなる脈拍となる。
    正確にはPRも増えているがHRほどの
    異常増加にはならない。
    1回の拍動における血液が少ないためPR
    として検出できないためだ。

    心房細動になると心房の拍動数は1分間で
    300回以上になり、心臓は速く不規則に拍動する。
    要するに心臓が無駄に空打ちしている状態で
    肝心の血液が一回につき十分な量送られていない。

    症状としては動悸息切れ、胸が苦しいといったもの。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    156位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    81位
    アクセスランキングを見る>>