記事一覧

    飲酒は大腸がん、食道がん、肝臓がんの発生リスクを確実に高める

    アルコールの中途分解物であるアセトアルデヒドには発がん性が確認されている。
    お酒が弱い人はアセトアルデヒドに曝される時間も長くなるので
    より発がんリスクが高くなる。

    よって飲まなくて済むなら飲まないに越したことはない。

    一方で運動は大腸がん発生リスクを確実に減らす。
    特に結腸がんはほぼ確実に減らすとされている。

    酒、たばこはしないで運動をしっかりすることが重要だ。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    80位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    43位
    アクセスランキングを見る>>