記事一覧

    費用収益対応の原則と仕入れ高

    費用収益対応の原則とは、損益計算上、収益から差し引かれる費用は、
    その収益と何らかの対応関係があるものに限定されるという会計ルールである。

    ある商品を50個仕入れて、そのうち20個が売れた場合。

    売上高=販売単価×20個
    売上原価=仕入れ単価×20個

    残りの30個については棚卸資産とされ、
    経費算入されない。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    147位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    80位
    アクセスランキングを見る>>