記事一覧

    棚卸資産における製品と商品の違いを比較する

    製品とは製造業、メーカーにおいて原材料から加工して
    作られたもの。

    例えば木材を使用して椅子を作った場合は椅子は製品となる。

    その製品が卸売業経由にて小売業によって仕入れられた場合、
    小売業の会計においては商品となる。

    商品はメーカーや卸から仕入れたもの。
    自分で加工をしていないもの。

    製造業、メーカーでない限りは製品という勘定科目を使用する機会はない。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    101位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    56位
    アクセスランキングを見る>>