記事一覧

    麒麟がくる、ついに明智光秀が大河ドラマ主人公へ

    期待してやまなかった明智光秀主人公大河ドラマが2020年に放送決定。
    テレ東のドラマにて明智光秀を渡部篤郎が演じていたのだが
    憂いのある演技が素晴らしかった。
    それ以来明智光秀が好きになった。
    主君を裏切った謀反人でダークなイメージが強い光秀であるが
    本当に単なる裏切りであったとは思えない。
    第三者によってうまく歴史の闇に葬られてしまったのではと感じている。

    信長の野望でも大名クラスに匹敵する能力を有している光秀。
    ハッピーエンドの大河は飽きたので
    滅びの美学というものを描いてほしいものだ。
    世の中ハリウッド映画みたいにハッピーエンドばかりではない事実。

    タイトルの麒麟がくる、はお笑いコンビを連想してしまうので
    もっといいタイトルはないもんか。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    80位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    43位
    アクセスランキングを見る>>