記事一覧

    便秘型過敏性腸症候群のリンゼスが食前投与の理由とは

    臨床試験データによると食後だと下痢(軟便含む)の発現リスクが有意に高かったらしい。
    リンゼスは腸液に含まれるタンパク質分解酵素により活性代謝物に代謝されるが
    食後だと過度に腸液が分泌されることで活性代謝物への代謝促進が起こり、
    その結果薬効が出すぎてしまうことが推測される。

    血中に移行することはほとんどなくcGMPを増加させることによる
    腸液分泌促進によるもののようだ。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    156位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    81位
    アクセスランキングを見る>>