記事一覧

    グーフィスとアミティーザ、リンゼスとの違いを比較する

    グーフィスは回腸末端部の上皮細胞に
    発現している胆汁酸トランスポーター
    (IBAT)を阻害し、胆汁酸の再吸収を抑制することで、大腸管腔内に流入する胆汁酸の量を増加させる。
    (通常胆汁酸は小腸で95%近く再吸収されてしまう)
    胆汁酸増加はフェロベリンと逆作用となる。

    リンゼスはcGMP増加によるクロライドイオン分泌増加と内因神経の活性化、アミティーザは
    クロライドイオンチャネルにのみ作用する。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    80位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    43位
    アクセスランキングを見る>>