記事一覧

    NISAとつみたてNISAの減税額を比較する

    いつの間にやら新設されたつみたてNISAであるが
    既存のNISAとの併用は不可である。
    つまり既存NISAかつみたてNISAを選択しなければならない。
    それではどっちの方がお得なのだろうか。

    つみたてNISAは非課税期間が20年と長期にわたるので
    20年間で比較してみたいと思う。

    既存NISAは年間120万円非課税投資枠が5年間となっている。
    120万×20年間=2400万円の累計投資額だ。
    (ただし2014年、2015年は投資枠が100万円だった)
    20年後にもNISAが存続している保障はないのだが
    仮に20年間同条件で存続していたと仮定する。
    仮に5年間フルに非課税活用するとしたら
    120万×5年×20年間=1億2000万円分非課税活用となる。

    つみたてNISAは年間40万円非課税投資枠が20年間続く。
    累計投資額は800万円。
    仮に20年間フルに非課税活用するなら
    40万×20年×20年間=1億6000万円分非課税活用となる。

    数字だけ見るとつみたてNISAの方がお得である。

    つみたてNISAの最大のデメリットがつみたて仕様であるということ。月額いくらと決めて積み立て投資するので
    1単元買いが基本である株式単一銘柄は対象外となってしまう点だ。
    結果的に概ね非上場の投資信託に限定されてしまう。
    さすがにこれは楽しみがない。
    株主優待を享受することもできない。

    年間40万円程度しか投資に回すことができない層、
    投資に不慣れで銘柄選びに不安な層、
    注文買付がめんどくさい層、
    あたりがつみたてNISAに適している人となるだろう。

    私としては外国株式、日本株式個別銘柄、ETF、債券といった
    幅広いポートフォリオを組みたい投資マニア側なので
    断然既存NISAの方が自由度があり向いている。

    そしてどちらの枠ももっと拡大してほしいものだ。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    147位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    80位
    アクセスランキングを見る>>