記事一覧

    円続落、109円台後半=東京市場

    2日の東京外国為替市場の円相場は、米長期金利の上昇を背景に
    円を売ってドルを買う動きが強まり、1ドル=109円台後半に続落した。
    日本円長期金利はお馴染みの通り低迷していることから
    少しでも金利が付く通貨にシフトしているということだろう。

    輸出企業が多い日本株式、ドル建て保有の外国株式ともに
    日本円換算では円安ドル高はアドバンテージだ。

    現状、NYダウは下落するものの、円安ドル高によって
    かろうじて大幅-となるのが避けられている模様。
    危ういことに変わりはない。

    やはりNYダウそのものが力強い動きを見せてくれなければ
    安心することが出来ない。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    135位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    75位
    アクセスランキングを見る>>