記事一覧

    芍薬に含まれる成分ペオニフロリンは筋肉へのカルシウムイオン流入を妨げる

    カルシウムイオンの過剰流入は筋肉の異常収縮を引き起こし
    筋肉けいれん、足のつりにつながる。

    甘草のグリチルリチンはカリウム放出を促す。

    芍薬甘草湯は足つり予防、筋痙攣治療薬である。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    99位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    54位
    アクセスランキングを見る>>