記事一覧

    当事者が申し立てていない事項についての判決

    原告、被告ともに争う意思なく
    決定されている事項であるのに
    それとは異なる判決が出される場合は
    違法と言えるだろう。

    民事訴訟法第246条 
    裁判所は、当事者が申し立てていない事項について、
    判決をすることができない。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    206位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    99位
    アクセスランキングを見る>>