記事一覧

    企業が売上高にこだわる理由

    普通に考えると利益を出している企業の方が
    売上が高くても利益がいまいちの企業よりも優秀と思えるだろう。
    それでも経営者が売上高のUPにこだわる理由はなんだろうか。

    利益高が高い会社よりもある一定の売上規模を持っている
    会社のほうが資金調達力が強いということになる。

    企業は融資を受けなければやっていけない。
    完全無借金経営の企業もあるにはあるが
    資金不足からくるチャンスを逃さない、という意味では
    やはり融資は必要不可欠なのだ。

    金融機関が企業への貸出を検討する場合、
    一定の規模感の売上があるというのが前提条件となってくる。

    借金をしてでも手元にお金(現預金)を残すというのが財務の基本なのだ。
    借金をする、できるということは一種のステータス。
    過去に借金をして返済を滞りなく行ってきたという事実は
    企業としてかなりのステータスであることは間違いない。

    急激な財政悪化により急きょ借金をしなくてはならなくなった場合
    実績がある企業とない企業とでは融資チャンスは大きく異なるのが事実だ。

    法人の場合は売上高10億円を目指すのがファーストステップらしいが
    個人事業主ならばとりあえず売上高1億円を目指すのがいいだろう。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    316位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    145位
    アクセスランキングを見る>>