記事一覧

    商品代金によってはコンビニ決済手数料が負担大になることも

    とある商品での事例を見てみよう。

    商品代金+送料:1961円(うち送料648円、商品代金1313円)

    商品卸値:948円

    コンビニ決済手数料:162円(ショップ負担と支払者負担が設定できる)

    実際にかかった送料:750円

    ポイント原資:32円

    1961-948-162-750-32=69

    利益69円とか悲惨なことになっていた。

    敗因は送料設定がガバガバだったのと
    コンビニ決済手数料が低額商品なら割高になるので
    支払者負担に設定していなかったことだ。

    対策として送料を引き上げるとともに
    コンビニ決済手数料は支払者負担にさせてもらった。
    尚、クレジットカード決済手数料を支払者に負担させることはできない。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    75位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    39位
    アクセスランキングを見る>>