記事一覧

    〇円以上は送料無料が仇になってしまった事例

    〇円以上送料無料というのはよくあるのだが
    下限を低くしすぎると結局赤字になってしまうという事例。

    商品代金:6,557円

    送料:無料(6000円以上送料無料に設定していた)

    卸値:5574円

    実際に支払った送料:750円

    ポイント原資:163円

    カード決済手数料:212円

    以上より収支はマイナス142円となってしまった。

    弱小小売り業者にとって送料負担がいかに大きいかがよく分かる事例。

    対策としては送料無料下限を引き上げること。
    ただしやりすぎるとそもそも売れなくなるので匙加減が難しい。

    尚、本計算では実際に得られている卸段階でのクレジットカードポイントは考慮していない。
    まあ微々たるものだし。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    75位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    39位
    アクセスランキングを見る>>