記事一覧

    コリンエステラーゼという検査項目

    コリンエステラーゼは肝臓における
    蛋白合成の指標となる。

    血清ChE高値は肝細胞での産生亢進により、
    高栄養状態、蛋白合成や脂質代謝の亢進を
    反映すると考えられ、過栄養性脂肪肝、
    糖尿病、ネフローゼ症候群、甲状腺機能亢進症
    が疑われる。

    逆に低値では肝臓における蛋白合成能力が
    落ちている、肝硬変などの肝障害が
    疑われる。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    80位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    43位
    アクセスランキングを見る>>