記事一覧

    サービスを提供するサービス業の人件費は売上原価に含まれるのか

    答えは、含まれない、である。
    そのサービスを提供するに当たって新たに発生したコストのことを
    売上原価とするため、もともといる社員の人件費は固定費であって
    売上原価には含まれない。
    その社員がボケーとパソコンをいじっている間にも人件費は発生しており
    サービス提供と直接結び付く費用ではないからだ。

    ただし、そのサービスを遂行するための労働力として派遣会社などに人を求めたら
    外注費として売上原価になる。
    そんなわけで派遣社員の人には依頼する仕事が限定されるのだ。
    部長のお茶くみなんてのはNGとなる。
    (まあ常識の範囲内でお茶くみしていることはあるだろうが)

    所得税計算においては売上原価であろうが、なかろうが経費としては変わらない。
    計算上での順番が変わるくらいだ。
    金融機関からの融資を受ける際には売上原価と売上比率はチェック対象になる可能性はある。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    118位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    65位
    アクセスランキングを見る>>