記事一覧

    地球の自転速度は赤道で時速1700キロメートル

    北緯45度ライン、日本では利尻島付近では
    1700の半分の時速850キロメートル相当である。
    赤道に近づくほど自転速度は上昇する。

    ボーイング767の巡航速度はマッハ0.8(時速約864キロ)なので
    北緯45度ラインを常に巡航速度にて飛び続けることができれば
    常に昼の状態で過ごすことができる。

    ただし偏西風による巡航速度変動を考慮していない。
    偏西風は西から東に向かって吹いているので
    西から東方向へ飛ぶならばより加速(プラス時速300キロほど)される。
    東京→ロサンゼルスなど。

    マッハ1=1,224km/h(気温15℃の時)
    高度1万メートル(気温-50℃)ならば1,080km/hほどとなる。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    206位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    99位
    アクセスランキングを見る>>