記事一覧

    消費税10%への引き上げと軽減税率導入は2019年10日1日開始

    以前より消費税法によって消費税10%への引き上げは確定されていたが
    消費税率10%への引き上げを2017年4月から
    2019年10月に再延期する税制改正関連法が2106年11月18日午前の参院本会議で自民、
    公明両党などの賛成多数で可決、成立した。
    引き上げに伴い、同時に軽減税率制度もスタートする。
    軽減税率の対象となるのは酒類、外食を除く飲食料品と
    週2回以上発行される新聞(定期購読契約に基づくもの)となっている。

    国税庁より「よく分かる消費税軽減税率制度」というパンフレットが送られてきたので
    これをもとにいろんな条件でシミュレーションしてみたい。

    ・飲食料品はテイクアウト・宅配商品(ピザなど)も軽減税率に含まれる
    ・ケータリング(相手方が指定した場所にて役務を伴う飲食料の提供)は軽減されない
    ・飲食料品を一般的包装する材料(例えば揚げ物のパック)は販売時点では軽減の対象
    ・飲食料品を一般的包装する材料(例えば揚げ物のパック)は仕入れ時点では軽減の対象外
    ・一体資産(紅茶葉とカップセット)は判定がいろいろ面倒(省略する)

    ・帳簿(仕訳時)には軽減税率の対象品目である旨が分かるように
    「※」や「☆」などの記号を付記する。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    120位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    67位
    アクセスランキングを見る>>