記事一覧

    我が404SHもかなり劣化してきたなあ

    2015年購入時点では最新ハイエンドスマホであった
    404SHであるが既に3年以上が経過し
    かなり電池の劣化が進んでいる。

    5.7インチフルHD液晶は片手で扱いが不便なので
    大きすぎてもいいことはないと痛感した。
    液晶が大きいほど電池容量も大きくなるだろうが
    その分消費電力も大きいのでケースバイケース。

    電池容量は3000mAhと現時点でもさほど遜色はないレベル。
    ただし経年劣化は避けられないのも事実。

    グリップマジックという握るだけでいろんなアクションが取れる機能は
    結局ほとんど使ってない。

    メタルフレームも売りらしいがシリコンカバーで隠れるので意味なし。

    重量は168グラムと重い。
    Android 5.0だが今は5.02にバージョンアップしている模様。
    CPUはオクタコア8個、MSM8994/2GHz(クアッドコア)+1.5GHz(クアッドコア)。
    メインカメラは有効画素数 約1,310万画素 CMOS
    国内スマホなので当然おサイフケータイあり。

    2018年12月頃発売のアクオスZEROは当然ながら
    これらスペックを超えるスペックなのだが
    電池容量は3130mAhとさほどアップしていない。
    サイズ的にもこれが限界なのだろう。
    有機ELディスプレイだとか省エネ技術UPで
    恐らく駆動時間は容量以上に伸びているとは思うが。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    109位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    59位
    アクセスランキングを見る>>