記事一覧

    小売業における在庫回転率(商品回転率)と商品回転期間について考える

    在庫回転率(商品回転率)の算出方法は
    ある期間においての売上原価÷平均在庫、
    にて行う。

    期中平均在庫=(期首棚卸高+期末棚卸高)÷2
    と置き換えるのが厳密な算出方法とのこと。

    小売業にもいろいろあるので
    適正な商品回転率について
    言及が難しいが12くらいは
    最低限必要、できれば14以上あるのが
    望ましい。

    もっとも商品回転率が高い=欠品リスクも高いので
    業態によって検討すべき課題ではある。

    商品回転期間は商品回転率の逆数にて
    求められる。商品回転率が12の場合、
    1/12年=1/12✖12ヶ月✖30日=30日となる。

    小売業の場合18.4日という平均値があるようだが
    業態に依存するのでなんとも言えない。
    18.4日をとりあえずの基準として
    算出してみることにする。

    現時点では期中なので期末棚卸高は
    確定していないが期中棚卸高にて
    代替することにする。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    80位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    43位
    アクセスランキングを見る>>