記事一覧

    メメント・モリ、死を想え

    人間というものはどんなに絶頂の時であっても
    死が迫っていることを忘れてはならない。
    時を刻むということは死に近づいていることに間違いはない。
    時間は有限であるからこそ人生を楽しむことが出来る。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    109位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    59位
    アクセスランキングを見る>>