記事一覧

    オコエ契約更改で言ってたラジバンダリの正体、TARITARI

    清宮と同世代で一世を風靡したオコエであるが
    今年の契約更改は厳しいものとなった。
    200万円ダウンの1200万円にてサイン。
    44試合出場に留まり、物足りないところ。

    それで契約更改の場で発言していたラジバンダリって何よ?

    意味不明のこの言葉は、松竹芸能所属のお笑いコンビ「ダブルダッチ」が演じるネタ。

    「オマエ、ナニヤッテル?」など片言の日本語を話す謎の外国人女性ジュニタ・ラジバンダリ。
    バイトしていたコンビニで働いていた外国人女性の実在する名前のようだ。

    「ダブルダッチ」のボケの西井隆詞(32)がなりきるこの女性が、
    自らを指さしながら放つ決めゼリフが「○○したり、○○したり、ラジバンダリ」

    よく分からんがTARITARIのタイトルみたいなものか。
    タリタリは面白かったな。
    アニメね。

    あと禁書目録のラストオーダーが「御坂は御坂は〇〇と言ってみたり」みたいな
    言葉遣いするのかわいいよな。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    109位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    59位
    アクセスランキングを見る>>