記事一覧

    カリウムの単位mEq/Lと摂取量との相関は必ずしも順相関ではないという点

    透析患者なら採決結果でリン、カリウムの値を注意されることも多いだろう。特に高カリウム血症は重大な不整脈を引き起こし死に至る場合もあるのでカリウム摂取量は特に気を付けなければならない。一般的に食品成分表で示されるカリウムの値はmg(ミリグラム)表記なのだが採決結果の値の単位はmEq/L(ミリ当量/リットル)であり分かりにくい。メックともいわれるmEqについてまず解説したい。メックは「物質量(mmol)×イオンの価数...

    続きを読む

    パルスオキシメーターは管理医療機器かつ特定保守管理医療機器なので

    医療機器はリスク度から3クラスに分かれている。一般医療機器、管理医療機器、高度管理医療機器。一般医療機器は特に届け出、許可は不要。管理医療機器は都道府県への届け出が必要。高度管理医療機器は都道府県の許可が必要。(許可要件あり)それとは別に特定保守管理医療機器という分類が存在する。これは上記3クラスとは別に設けられているものでパルスオキシメーターは管理医療機器かつ特定保守管理医療機器に該当する。通常の...

    続きを読む

    エナジードリンクは強烈なハイパートニック飲料なので運動時や運動後の水分補給には適さない

    エナジードリンクは糖質量が非常に多いことがほとんど。一部のゼロカロリー人工甘味料仕様は除く。糖質量が多い=ハイパートニック飲料、高張液となる。浸透圧が高い液体のため、腸壁において水分が吸収されにくくなってしまう。そのため、エナジードリンクは糖質補給としては有能であるが水分補給としてバッドな選択肢なのだ。エナジードリンクだけでなくカロリーのあるコーラ、オレンジジュースなんかも当然糖質濃度が体液よりも...

    続きを読む

    新型コロナウイルスワクチン接種後の副反応副作用になぜか腰痛が?

    新型コロナウイルスワクチン接種2回目の翌日、以下のような副反応副作用が認められた。接種したのはファイザー製のもの。接種部位の疼痛筋肉痛倦怠感頭痛腰痛嘔吐食欲不振腰痛はよく分からないが腰だけではなく全身の倦怠感、軽い筋肉痛は感じられた。インフルエンザに感染すると関節部が痛むがそれに近いだろうか。腰痛は接種1回目にも認められたのでよくあることなのだろう。仕事どころか外出すらしたくない倦怠感なので今後打つ...

    続きを読む

    【危険】アルコール度数9%のチューハイがやばい理由がこちら

    チューハイのアルコール度数は様々である。ほろよい程度の3%、標準の5%、ちょい強め7%、ストロングと言われる9%が中心。なかでもストロング系の9%はやばいと評判である。何がヤバいかというと飲みやすいのにガッツリ悪酔いする、依存症になりやすいと言われている。更に酒税法の隙間を突いた商品なので商品価格がクソ安く、気軽に貧困層でも購入できる点が厄介だ。含まれているアルコールはほとんどがウォッカの模様。ご存知...

    続きを読む

    抗生物質スルタミシリンとクロストレジウム腸炎

    先週のアンサングシンデレラを今更視聴したのでその話題として。抗生物質が効かない多剤耐性菌を疑われる患者。調べたところスルタミシリンを連日服用していたことが判明。スルタミシリンは製品名ユナシン(先発品)で知られる。患者は飲んでいないし知らないと言い張る。クロストレジウム腸炎は抗生物質の連用により腸内細菌バランスが変調し普通は増殖しないクロストレジウムという菌が増えすぎて起こる腸炎。抗生物質は無駄に処...

    続きを読む

    乳首周りに陰毛クラスの乳毛が生える理由は?

    誰か知ってたら教えてほしいものだ。自分の場合、左右それぞれに3本くらい長いのがある。常時それくらいの模様。長さは陰毛と同じくらいで長い。毛質も陰毛に似て縮れているのでまた腹立たしい。調べたところ、生えてくる本数などは個人差があり、生まれる前からホルモン量などによって決まっているらしい。なので生えてくる人はどうあがいても絶望。本数が多い人は悲惨だとは思う。医療脱毛の対象になる部分なのでどうしても気に...

    続きを読む

    新型コロナウイルス対症療法に有効とされるメフロキンとオリンピック開催可能性

    20年以上の使用歴があるマラリア治療薬で劇症肺炎を予防する効果が期待される。事前服薬で2週間程度の感染予防があるともされるが予防的投与は当然保険適用外である。感染後の投与においては、重症化を予防するとされているが詳細は不明。副作用として肝機能障害、不整脈、精神異常などが認められる。妊婦使用不可。その他、フサン、アビガンなど。課題としては適応承認まで時間がかかること。臨床試験をクリアして承認に至るまで...

    続きを読む

    ロトリガには認知症、認知機能低下抑制効果があるようで

    ロトリガはEPAとDHAがそれぞれ含まれた合剤。昔からあるエパデールはEPAのみ。EPAはDHAに代謝されるのでEPAのみの摂取でも問題ないかと思われるが実際にはDHAの代謝率はかなり低いようだ。一方でDHAはアタマをよくすると言われているように認知症、認知機能低下を抑制する機能がある模様。なのでEPAだけではなくDHAも摂取しておくに越したことはない。医薬品でなくても魚油(おもに青魚)を摂取すればいい。ロトリガ1包(2g)含有...

    続きを読む

    アレロックでも目のかゆみが抑えられないがそれ以上の最強花粉症薬、抗アレルギー薬は?

    重度の通年性アレルギーを持っているのでこの季節でも目がかゆい。スギ花粉は8月のわずかな時期を除いてほぼ1年中飛散しているので敏感な人は反応してしまうのだ。そしてさらにヒノキアレルギーも持ってたりする。現在は通年で内服:アレロック点眼:パタノール点鼻:アラミストだが鼻は内服でほぼ症状が抑えられるので点鼻の頻度は低い。逆に目は内服では抑えられない。鼻に比べて防御機構(鼻毛)がないし、開口部も広いので花粉...

    続きを読む

    糖を脂肪に変えるBMAL1タンパクが最も低活性になるのは午後2時

    ...

    続きを読む

    透析患者の死亡率高く8.6% 欠かせぬ通院で感染リスク 新型コロナウイルス感染症

    最新データによると感染者数:14,877死亡者数:517死亡率:3.48%となっている。透析患者死亡率は8.6%なので有意に高い値と言える。もっとも透析患者層はかなり高齢者層と重複しているため、全体での死亡率と比較するよりは高齢者層での死亡率と比較した方が分かりやすいと言えるだろう。80歳以上の高齢者になると死亡率は11%オーバーとの指標がある。透析患者の平均年齢はもっと低く65歳程度だと推測されるが65歳以上の患者にお...

    続きを読む

    タミフル、リレンザ、ゾフルーザ、アビガンそれぞれのコビド19(新型コロナウイルス)への効果は?

    タミフル、リレンザ、イナビルといったノイラミニダーゼ阻害薬はノイラミニダーゼ自体がインフルエンザウイルスの表面に非常に多い酵素(パーツ)のため、(おそらく)ノイラミニダーゼが少ないコロナウイルスには効果が乏しい。新型コロナウイルス(コビド19、コビッド19、COVID-19)の構造は既に把握されていると思うが大体において従来のコロナウイルスと変わらないはず。遺伝子操作でHIVのパーツを埋め込まれていたり、インフ...

    続きを読む

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    7位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    5位
    アクセスランキングを見る>>