記事一覧

    コード決済の大手3社、2019年8月12日から毎週最大300円相当お得な5週間開催中

    赤字だらけのコード決済大手3社、ペイペイ、メルペイ、ラインペイがセブンイレブン限定で毎週各社100円還元キャンペーンを開催している。20%確定還元、1500円上限還元などと比べるとショボさが際立っている今回のキャンペーンだがポイントとしては3社が合同でセブンイレブン消費者をターゲットにしたことだ。期間は8月12日(月)から9月15日(日)までの5週間。各週各社100円ずつが上限となる。私はラインペイは利用しておらず、...

    続きを読む

    商品を冷凍便に同梱するのがいいのか複数口にするのがいいのかサイズ判定

    ヤマト運輸の冷蔵便、冷凍便は120サイズまでである。通常便商品と冷蔵(冷凍)便商品を同梱する場合、まとめてクールにするべきか、それとも複数口に分けた方が安上がりなのか検証する。前提として通常便商品は冷凍便にしても品質に問題ないものとする。ヤマト運輸のクール便価格120サイズはクロネコメンバー割ビッグ使用で関東→関東で(宅急便センターへの持ち込み割150円、デジタル割50円適用)1788円である。重量制限は15kg未満...

    続きを読む

    メルペイあと払いで70%還元は8月11日23時59分まで

    既に始まっているメルペイあと払いで70%還元キャンペーン。対象店舗はコンビニ各社に加えて、吉野家とマクドナルドといったラインナップ。筆者もさっそくセブンイレブンにて還元を受けてきたンゴ。70%対象店舗以外のiDやメルペイコード払いが使用できる店舗でも50%還元となっているので店頭で確認してみよう。上限額は1500ポイントまで。逆算すると70%還元店舗において2143円ほど使用すれば上限の1500ポイントに達する見込みだ...

    続きを読む

    コストコエグゼクティブ会員制度が2019年9月から開始される見込み

    季節冊子にエグゼクティブ会員について記載されていたのでググった。日本では初であるが、アメリカやカナダでは既にエグゼクティブ会員というのが設定されているようだ。海外での仕様は次の通り。・会費が倍(一般会員価格かビジネスメンバーかどちらかから2倍なのか不明)→おおよそ8000円程度になるのだろうか。・毎回の買い物から2%分キャッシュバック→現在はコストコクレジットカード使用で1.5%のリワードだが現金でもキャッ...

    続きを読む

    PR広告の損益分岐点を考察する

    【仮定】月間売上高200万円売上原価:売上高の85%程度粗利:15%、30万円販売手数料:6%、200万×6%=12万円凡その純利益:30-12=18万円PR広告として売上高の2%を課金される場合。PRによって売上高が10%上昇した場合。追加販売手数料:220万×2%=44000円標準販売手数料:220万×6%=132000円粗利:220×15%=33万円凡その純利益=33万-44000-132000=154000円以上より標準に比べて凡その純利益は26000円減少する。損益分岐点と...

    続きを読む

    セブンイレブンにてペイペイ決済で20%還元は31日まで

    クオカードが余ってるので使いたいのだがペイペイ決済で還元となれば利用せざるを得ない。上限1000円には全く届かないのだがあと1回買い物でもするかな。これまでに還元予定は189円分。コンビニ1回で1000円を超えることはまずないのでせいぜい500円未満ほどか。もう少し期間が長ければ1000円還元を目指すこともできたが。ヤフー!ショッピングでは1%還元しか付かない。...

    続きを読む

    マミーマートでの支払い方法、クレジットカードは使えるが電子マネー不可

    ローカル気味のスーパーマーケット、マミーマートに初めて行くが支払い方法を事前に予習しておく。現金はもちろん使えるがそれ以外にはクレジットカードは全ブランド使用できる。これくらいはスーパーマーケットとして当たり前だのう。電子マネーは採用していないようでいずれも使用できない。独自ポイントカードはなく、マルエツと同じくTポイントを採用している。還元率は200円に1ポイント、0.5%だ。200円単位での買い物を心が...

    続きを読む

    重量25キログラムを超える重量物を配送する場合の最安運賃を考察する

    とある重量物が売れたので最安運賃を検索しその結果を記載する。その重量物のスペックはこちら。3サイズ:120以上140未満(140サイズ)重量:25キロ以上30キロ未満これらのスペックでは通常の宅配便は使用不可、取り扱い不可となる。ゆうパックは重量ゆうパックというものがあり、これは通常のゆうパック料金+500円にて25キロ以上30キロ未満のものを発送できる。重量ゆうパックにはゆうパックスマホ割が使えない。持ち込み割引はあ...

    続きを読む

    マネーフォワードクラウドまたもや値上げするらしい

    うぜえ。最も安い個人事業主用のパーソナルライトで月額1280円。年契約だと月単位980円となる模様。請求書やら給与やらは関係ないのでよく知らないが細分化されたらしい?安くなったとは言っていない。他のソフトに乗り換えるにはいろいろコストがかかり、とりわけ仕様を覚える時間的コストが大きいので囲い込んで飼殺す作戦というわけだ。ぐぬぬ。荒業としては1月から11月までは全く仕訳入力をしないで12月だけ契約して全て入力し...

    続きを読む

    ポイント支払い時に領収書の作成を求められたら応じる義務はあるのか?

    基本的に通販事業においては直接現金のやり取りがまずないのでほぼ全ての場合において領収書発行義務はない。必要なのは現金書留で現金を受け取った時くらいだが決済方法に現金書留を採用している企業は皆無だろう。クレジットカードはクレジットカード会社経由(場合によってはECサイトもはさむ)で金銭授受が行われるのでショップ側とエンドユーザーに現金のやり取りは存在しない。銀行振込においては銀行振込明細が領収書の扱い...

    続きを読む

    ヤフオクストア登録はなぜかヤフーショッピング登録よりハードルが高い件、条件を比較する

    どうしてそういう仕様にしているのか理解に苦しむわ。まあヤフオク利用者層とヤフーショッピング利用者層は完全に一致はしていないとしても概ね一致している、重複しているのではないだろうか。知名度的にはヤフオクは昔からあるがショッピングはヤフオクより歴史が浅く利用者はもしかしたらヤフオクより少ないかも。ただ、ヤフオクもメルカリにかなり食われているとのうわさも。ヤフオクストア登録条件とヤフーショッピング(プロ...

    続きを読む

    宅急便コンパクト>レターパックプラスとなる地域を調べた

    通常の宅配便より安く発送できる宅急便コンパクトとレターパックプラス。許容荷物サイズはレターパックの方が優れている。一方、料金は宅急便コンパクトには地域によって差があるため、全国一律のレターパックと比較してみた。出荷地は関東とする。宅急便コンパクトがレターパックプラスより勝る地域(ヤマト運輸のデジタル割、クロネコメンバー割big、持ち込み割全て適用)北海道、九州、沖縄を除くエリア要するに航空輸送が必要...

    続きを読む

    サイズ別最安送料まとめ(特約運賃契約なし)

    今の時代、ヤフオクやメルカリで商品を発送する機会が多いのでサイズ別の最安運賃送料をまとめてみた。尚、ヤフオクやメルカリ専用便は考慮していない。特約運賃契約なしで一般の人でも利用可能な範囲の送料である。基本的に優先順位の高い(送料の安い)条件に適合するか判定し、不可の場合はその次へ下っていく。1.クリックポスト(全国一律送料185円)34cm×25cm×3cm以内最近少し値上がりしたが依然として安い。ヤフーIDまたはA...

    続きを読む

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    132位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    75位
    アクセスランキングを見る>>