競馬 - ヒーローウォーズ攻略投資透析情報局

    記事一覧

    【ウイポ2024】ウイニングポスト10-2024 アメリカ競馬最高峰ブリーダーズカップ・チャレンジレース(日本レース)

    欧州の重い芝に日本馬は苦戦を強いられ、これまでにフランス凱旋門賞を勝利した日本馬はいない。エルコンドルパサーなどは僅差2着まで迫った。フランス凱旋門賞と並んでアメリカ競馬の最高峰とされるのがブリーダーズカップである。ブリーダーズカップ・チャレンジ(Breeders' Cup Challenge、BCC)は、アメリカ合衆国の競馬の祭典であるブリーダーズカップ・ワールド・サラブレッド・チャンピオンシップの優先出走権が与えられる...

    続きを読む

    競馬の歴史を1973年から振り返るウイニングポスト2024、3月28日発売

    プレステ4は持っているが携帯性からニンテンドースイッチ版を選択。画面が小さくて画質がしょぼいのはまあ仕方ない。エアロバイクを漕ぎながらプレイするには携帯性が高くないと無理なのだ。競馬オーナー人生をスタートするのは複数年代から選択できるがせっかくなので最も古い1973年をチョイスした。この年はハイセイコーによる圧倒的競馬ブームが発生。ライバルのタケホープとともにしのぎを削ったクラシック戦線であった。オー...

    続きを読む

    ホープフルステークス2023出走予定のショウナンラプンタ、ラプンタの意味由来は?

    明日は今年最終G1、ポープフルステークス。M-1優勝からのサインでショウナンラプンタも挙げられているがラプンタの意味は?ショウナンは冠名。AIに聞いてみた。「ラプンタ」という言葉には、いくつかの意味があります。例えば、スタジオジブリのアニメ映画『天空の城ラピュタ』の英語タイトルが『Laputa: Castle in the Sky』であることから、ラプンタは「空中に浮かぶ島」を意味する言葉として知られています。また、スペイン語で...

    続きを読む

    粗品氏、タスティエーラを本命にしててオワタ件w

    ま、まあ最新の予想は次の通りでタスティエーラを本命から対抗に落としてるからセーフ、、、なのか?◎ジャスティンパレス〇タスティエーラ▲ソールオリエンス△ハーパー3歳牡馬は牝馬に比べてレベルが低いと言われているが直接勝負でハーパーに負けることもあり得る。斤量差は大きい。牡牝の差、3歳と古馬の差。3冠牝馬のリバティアイランド不在、菊花賞馬のドゥレッツァも不在でタスティエーラ、ソールオリエンス、ハーパーの3歳最...

    続きを読む

    有馬記念2023、枠順決定した今の予想

    今週初めに枠順決定前での予想は下の通り。有馬記念2023、三歳馬斤量2kg減はやりすぎだと思うの - ヒーローウォーズ攻略投資コストコ情報局そして本日枠順が決定した。有馬記念の行われる中山競馬場の2500はスタートしてすぐにカーブに入るため外枠が非常に不利とされている。7枠にタスティエーラ、8枠にスルーセブンシーズとスターズオンアースが入った。1枠にソールオリエンス、3枠にドウデュース、5枠にジャスティンパレス。ハ...

    続きを読む

    有馬記念2023、三歳馬斤量2kg減はやりすぎだと思うの

    本日の朝日杯フューチュリティステークスにおけるシュトラウスのマーカンド騎手はひどかったな、対抗にしてたが出遅れかかって先頭からの惨敗とか完全にダビスタの気性難馬のレースと一致してて草しか生えない。武豊の最後尾から2着との差がえぐい。さて有馬記念。イクノイックスがターフを去り、本命不在と言われる年末グランプリだが果たして?現時点での人気上位は次の通り。スターズオンアース 4.5タスティエーラ 5.1 ジャス...

    続きを読む

    朝日杯フューチュリティステークス2023展望、ジャンタルマンタルで

    現時点での予想オッズは次の通りらしい。1 ダノンマッキンリー 3.32 ジャンタルマンタル 4.53 シュトラウス 5.34 セットアップ 11.25 エコロヴァルツ 14.32歳馬のレースであり戦績が乏しいため基本的に2勝以上している馬ばかり。過去も1着はほとんどが前走1着だった馬でありギリ前走2着連帯までか。ダノンマッキンリーは2戦2勝だが前走は500万下レースでありしょぼい。上がり3ハロンタイムは34.0であった。父モーリスはマイラー...

    続きを読む

    クリスマスイブ有馬記念2023展望、若駒重視で

    馬齢計算が昔より1歳若くなっているので現6歳→昔の7歳、よほどの晩成馬でも厳しい年齢。ダビスタ脳ですまんな。ということで3歳(ダービー世代)から4歳までに絞ろうと思った。現時点で1番人気から順にタスティエーラ:6戦3勝 連帯率83.3%スターズオンアース:11戦3勝 連帯率63.6%ジャスティンパレス:12戦5勝  連帯率58.3%ソールオリエンス:6戦3勝 連帯率83.3%タイトルホルダー:18戦7勝 連帯率55.5%となっている。馬...

    続きを読む

    コラソンビートとスウィープフィートのスワーヴリチャード産駒は?阪神ジュベナイルフィリーズ2023展望

    いずれもスワーヴリチャード産駒。スワーヴリチャードは初年度2歳馬から2頭のGI有力馬を送り込んできた。種付け料高騰もやむなしか。スワーヴリチャードだけでなく、キタサンブラック、イクノイックスも種付け料2000万円だそうで。スウィープフィートの前走が2023年11月26日ってどうかしてるぜ。本日2023年12月10日で中1週とかダビスタかよ?2歳馬に負担かけすぎ。GIほしいといってもジュベナイルフィリーズにそんな価値はない...

    続きを読む

    ダービースタリオンズステークスとかいう条件があたおかなレースが存在した件

    1988年から1992年という短い期間しか存在していなかったレースなので知らない人がほとんど。ダビスタ作者の薗部さんがインタビューで語っていた。東京芝2400m、5歳以上900万下の条件レースなのだが本賞金以外にも条件があって以下のいずれかを満たす必要がある。・日本ダービーで1~5着馬・主要国ダービー優勝馬の産駒産駒はまあ分かるとしても日本ダービー入賞馬が900万下の条件レースに出る確率は恐ろしく低そうだ。1、2着で本賞...

    続きを読む

    阪神ジュベナイルフィリーズ、ソダシが世界初GI優勝制覇達成

    伝説の白毛馬、シラユキヒメ系統のソダシが阪神ジュベナイルフィリーズを写真判定の末優勝し、白毛馬として世界初のG1優勝を達成した。直線では伸びないかと思われたソダシであるが先頭集団からジリジリのび鼻差写真判定差での優勝となった。2着になったルメール騎乗のサトノレイナスとなった。これらは来春の牝馬クラシックの中心馬となっていくだろう。...

    続きを読む

    競走馬は斤量1キログラムで1馬身差、0.2秒に相当するらしいが

    デットーリだと5馬身、1秒差に相当するようだ。馬個々の馬力にも依存するので一概には言えないだろう。ちなみに人間では500グラムドライウェイト増えるとのぼり坂がだいぶ遅くなる気がするが実際に走破タイムを測定しているわけではないのであくまでの体感値でしかない。競走馬は概ね500キログラムくらいの体重で1キログラムは0.2%に相当する。人間は体重50キログラムとして500グラムは1%に相当する。まあ50キログラム以上あるが...

    続きを読む

    2400メートル世界レコードは2分20秒6のアーモンドアイだがオークスでも

    2400メートルの世界レコードは2018年ジャパンカップでのアーモンドアイが記録した2分20秒6だ。それまでの記録を1.5秒も縮めるまさに脅威のレコードだったのだが長らく印象に残っているのがホーリックスの2分22秒2というもの。これは1989年にジャパンカップで記録したものでそのレースにはあのオグリキャップやスーパークリークも参戦していた。更にこのレースの出走馬が凄い。ホークスター、イブンベイ、アサティス、ペイザバトラ...

    続きを読む

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    12位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    11位
    アクセスランキングを見る>>