記事一覧

    ファイザー(PFE)、またはヴィアトリス(VTRS)が一般預りで追加されて払出通知書が届いた件

    NISA口座にて保有していた米国銘柄、ファイザーについて払出通知書が届いた。払出通知書とは何らかの事情で端数株が発生した際に現金化しましたよ、という通知書。今回なぜファイザーの払出通知書が届いたかというと、ファイザーがスピンオフ(会社の特定の部門を切り離して、新たに会社を設立すること)したことに伴い、保有しているファイザー株1株につき、アップジョン株を0.124079株割り当てられた上でアップジョン株は、マイ...

    続きを読む

    すかいらーくホールディングス (3197)、株主優待を改悪により総合利回り2.18%へDOWN

    2020年9月10日会社発表なので記事にするのが遅すぎるのだが次回優待分より株主優待券額面が激減されることとなった。300株保有の場合これまで年間20000円だった株主優待券が年間10000円と半減することになる。ついでに配当ゼロになっていた。原因は当然ながら新型コロナウイルスを主因とする経営環境悪化のため。現在の株価は1526円なので1526×300株=457800円総合利回りは2.18%と平凡すぎてなんとも魅力のない銘柄になってしまっ...

    続きを読む

    蓄財するには吝嗇家(りんしょくか)、すなわちケチでなくてはならない

    もちろん年収1億とかある人なら散財しても蓄財できるだろうがほとんどの人はそうではない。限られている収入の中から支出をして、残った部分が貯蓄に回る。考え方としては先に貯蓄分を確保して残った部分でやりくりすることもあるだろう。いずれにしても蓄財するには吝嗇家(りんしょくか)、すなわちケチでなくてはならないということ。もちろんケチ具合にも限度があるが着の身着のまま散財していては貯蓄はままならないと言ってい...

    続きを読む

    日本国民の金融資産のうち現金・預金が占める割合は54・7%

    日本銀行が18日発表した2020年4~6月期の資金循環統計(速報)によると日本国民の金融資産のうち現金・預金が占める割合は54・7%だった。個人のお金が現預金に集中する傾向は依然続いており、消費や投資にお金が十分回っていない。とは言ってもリスクヘッジのために現預金を確保することは必要であり日々の生活のためにも現預金は必要である。なので54.7%という割合は妥当ではないだろうか。ちなみに自分の割合を算出...

    続きを読む

    3197すかいらーくHD株主優待券を概ね半分程度に減額しよったわ

    すかいらーくHDを300株保有しているが従来(2020年6月末権利確定まで)の株主優待券額面は年間20000円だった。これが2020年12月末権利確定からは年間10000円に減額される。減額率は実に50%、半分となってしまうわけだ。更に新型コロナウイルス感染症の影響で無配決定。昨日終値の1,520円を基準とすると総合利回りはおよそ2.19%に急落してしまう結果となった。この数字では新規投資に不適格と言わざるを得ない。既に保有している...

    続きを読む

    大戸屋買収に成功したコロワイドHDの総合利回りを考える

    以前から桐谷氏はコロワイド有能と言っていたが果たしてそうだろうか。現時点での配当利回り、優待利回り、総合利回りを考察してみたい。本日終値は1,794円。大戸屋買収がプラスとされたのか2.87%の値上がりとなった。配当利回り:0.28%優待利回りは500株(897000円)で年間4万円相当のポイントなので4.46%総合利回り:4.73%総合利回りは良いのだが必要投資額が90万円近いことがネックだ。更になぜか利用できないブランドが異...

    続きを読む

    2019年NISA枠は依然として-3.12%とマイナス値のまま

    新型コロナウイルス感染拡大に基づく2月から3月にかけての大暴落の影響は依然続いている。2020年も含めて他の年度(16、17、18、20)はプラテンしたが2019年は高いところで購入しているためプラテンへは遠い道のり。配当でセコセコ稼ぎつつ、NISAが終わる時までにプラテンしていればいいなあと希望的観測を述べてみたり。2019年の購入銘柄を振り返ってみる。当年はアメリカ株に大きくシフトチェンジした年であった。日本銘柄は2つ...

    続きを読む

    株価連動債におけるノックインとは何ぞや?罠に注意しろ

    株価連動債とはあくまでも債券なのだが対象の株式銘柄の値動きに連動してしまうという恐ろしいもの。債券は確実に利金を受け取れるものと考えがちだが株価連動債はそうではないので注意が必要だ。そしてノックインという用語。ノックインは対象株式銘柄が債券発行時の一定割合(一般的には70%くらいが多い)以下になってしまう状況を言う。投資家にとってノックインは悪い事象なのだ。株価連動債の場合、償還時点で元本割れが起こ...

    続きを読む

    ウェルスナビ(WealthNavi)によるAI運用進捗状況ンゴ

    キャッシュバックキャンペーンとやらに釣られて始めてみたAI運用投資システム。リスク許容度を選択するだけで自動的にポートフォリオを組んで運用してくれる模様。私はリスク許容度5(最もハイリスクを好む)とした。その場合のポートフォリオはこちら。米国株:およそ30%日欧株:およそ30%新興国株:およそ15%米国債券:およそ5%金:およそ8%不動産:およそ5%現金:およそ0.3%およそなのでそれぞれに多少の誤差(プラスマ...

    続きを読む

    ロボアドバイザー WealthNavi for SBI証券 を始めてみたものの

    最初にリスク許容度分析のアンケートを行った結果、自分のリスク許容度は5/5(最大にリスクを取る)であった。とりあえず10万円入れたがナビゲーションによると30年後にはこの10万円が70%の確率で28万円以上になるらしい。50%の確率で42万円以上へ30%の確率で63万円以上にとの予測。さすがに30年後にはそれくらいになってもらわないと困るっていうか自分で運用しててもそれくらいは余裕な気もするがまあ10万円ではどうしようも...

    続きを読む

    オリックスの株主優待(ふるさと優待)の価値はどれくらいか

    3月権利のオリックス株主優待、ふるさと優待の案内が来た。株主優待は年2回で保有期間によってAコースとBコースに分かれる。Aコース(3年以上継続保有):1万円相当×年2回Bコース(3年未満保有):5000円相当×年2回ただしBコースであってもすみだ水族館年間パスポート引換券2枚と京都水族館年間パスポート引換券2枚は8200円相当となっている。しかしながら年間パスポートをもらう意義があるかどうかはあなた次第だwwwペンギンや...

    続きを読む

    ジェフグルメカードはおつりが出るのでアツい

    株主優待で金券がもらえるところは多数あるがジェフグルメカードは有能。ジェフグルメカードは外食店舗で使える食事券で特長としておつりが出るという点がある。すかいらーく、吉野家などの株主優待券はお釣りがでないので300円または500円単位でしか使うことができないがジェフグルメならその心配も杞憂。ジェフグルメカードがもらえる銘柄で一押しなのが日本商業開発だ。300株保有で年間6000円のジェフグルメカードがもらえる。...

    続きを読む

    マス層からアッパーマス層への移行が一番難しい

    野村総研が設定している富裕層アンケートは次の通り。末尾の%は比率を示す。・超富裕層    :純金融資産5億円以上 0.16%・富裕層     :1億円以上5億円未満 2.20%・準富裕層    :5,000万円以上1億円未満 6.00%・アッパーマス層 :3,000万円以上5,000万円未満 13.41%・マス層     :3,000万円未満  78.24%(純)金融資産とは、資産のうちで土地・建物や機械・設備などの実物資産を除いたものをいい、現...

    続きを読む

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    75位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    46位
    アクセスランキングを見る>>