クレジットカード - ヒーローウォーズ攻略投資透析情報局

    記事一覧

    年会費無料自動現金還元のニコスVIASOカード(ビアソカード)のメリットとデメリットについて

    三菱UFJフィナンシャルグループは複数のクレジットカード会社を傘下に収めているがニコスカードもその一つである。ニコスカードで有名なのがVIASOカードである。特徴としては年会費無料、自動現金(銀行振り込み)還元が挙げられるだろう。どんなカードにもメリットと裏腹のデメリットは存在するのでそれらを理解した上でベストなカード選択の助けとしたいところだ。【メリット】年会費無料(永久)自動現金還元取得難易度は低い(...

    続きを読む

    ふるさと納税、三井住友カードプラチナプリファードをさとふるで使うと寄付金額の4%追加還元

    通常還元の0.5%と合わせて4.5%還元のVポイントがゲットできるぞ。利用するにはVpassでログインした上でさとふるにアクセスすることが必要。10000円寄付で450円分のVポイントに相当する。ふるさと納税の場合、寄付額のおよそ20%弱程度が返礼品としてもらえるため上限を超えない程度であれば併せて24.5%程度の還元が期待できるのだ。だがしかしさとふるでのふるさと納税寄付は公式ページ以外でも可能なのだ。ヤフーショッピング...

    続きを読む

    コストコグローバルカードのポイント還元特別アップ2%期限は3月31日まで(要キャンペーンエントリー)

    キャンペーンエントリーはオリコウェブページもしくはオリコアプリから行うべし。キャンペーンではすべての利用について2%還元が適用される。コストコでは従来1.5%還元だが0.5%アップする。それ以外のサイトでは1.0%から2%と倍増する。期間は2024年2月1日から3月31日利用分まで。キャンペーンの上限リワードは1万まで。リワードは2024年5月中旬頃を予定しており、有効期限は12月31日までとなる。リワード付与後にはおそらく何...

    続きを読む

    SBI証券での三井住友カードのVポイント使い方が複雑な件(Vポイント投資とTポイント投資の違いを比較検証)

    これまでSBI証券ではTポイントをメインポイントにしていた。理由としては主に次の二つであった。・投資信託月額残高マイレージがTポイントで貯まる・投資信託買い付けのほか、国内個別銘柄買い付けでもTポイントが使用できる4月末にTポイントとVポイントが統合されること、三井住友カードのオリーブ、プラチナプリファードを作成したことからメインポイントをVポイントに変更することにした。Vポイントポイントアッププログラム詳...

    続きを読む

    三井住友カードの繰り上げ返済支払期日は毎月19日なので注意(引き落としが翌10日の場合)

    三井住友カードの繰り上げ返済(振込による臨時返済)だが毎月20日になると翌10日の引き落とし集計作業が始まるため振込返済が一時的に受付停止となる。したがって繰り上げ返済したい場合、毎月19日までに支払いを済ませる必要がある。受付停止となった場合、翌10日の引き落とし金額確定後でないと新規の繰り上げ返済受付がされなくなってしまう。つまり翌10日の引き落とし後数日の反映まで利用枠が空かなくなってしまう...

    続きを読む

    三井住友銀行オリーブ(Olive)の選べる特典4種類のうち2種選択はどれがいいのか検証した

    選べる特典は次の4種類から2種類を選択する。コンビニATM手数料1回無料:8時45分~18時は220円、それ以外の時間帯は330円→最大330円換算となるがそもそもATMは使用しないので候補外→オリーブ口座は現金出し入れに向くものではない。SBI証券での投資信託買い付けがメイン。Vポイントアッププログラム+1%還元:5000円利用で+50円相当→対象のコンビニ飲食店限定であり5000円利用でわずか50円相当なので微妙である。給与・年金受け...

    続きを読む

    三井住友銀行オリーブ(Olive)プラチナプリファードの開設月還元率を計算する

    三井住友ダイレクトのアプリ上には当月の還元率を表示するエリアがあるが口座開設当月は表示されないため還元率が不明である。ペイペイなどと違って決済後すぐに還元ポイントが表示されるわけではないため還元率が気になって夜しか眠れない。ボーナス還元率のリストは次の通りだ。================================通常ポイント:0.5% ※クレカとして基本ポイント対象店舗でスマホタッチ決済:6....

    続きを読む

    三井住友銀行クレジットカード olive 家族登録は本会員保有者じゃないとダメだった、最大20%の内訳とは

    特定の飲食店限定だが常時最大20%還元を謳っている三井住友カードオリーブだが実際20%は実現可能なのか検証してみる。通常ポイント:0.5% ※クレカとして基本ポイント対象店舗でスマホタッチ決済:6.5% ※店舗は限定される家族登録5人:5% ※この家族は三井住友カードの本会員保有者でないとダメOliveアカウントのご契約&アプリログイン(月1回以上):1% ※ログインだけなので余裕で実現可能Oliveアカウントの選べる特典で...

    続きを読む

    三井住友銀行オリーブ(Olive)で7%常時還元になるコンビニ飲食店一覧がこちら

    三井住友銀行オリーブ(Olive)口座はSBI証券にてNISAつみたて投資枠をクレジットカードで決済するために作ったのだが7%常時還元ならコンビニ飲食店で使った方がいい気がしてきた。期間が設定されいないのでどうやら常時な模様、ただし改悪される可能性はある。【7%還元の条件】・スマホタッチ決済であること(カードだと5%に下がる、iDは対象外、カードの差し込み磁気取引は対象外)・スマホタッチ決済使用可能になるまで割と...

    続きを読む

    三井住友銀行olive(オリーブ)口座開設と入金方法にキャンペーンもあるがカードの向きが重要

    一度に5万円以上入金でVポイントが6000円分もらえるぞ。オリーブは三井住友銀行のクレジットデビットフレキシブル口座システムの名称。本キャンペーンの条件としては新規オリーブ開設かつこれまでに三井住友銀行に口座を持ってない人。https://www.smbc.co.jp/kojin/olive/special/olive-campaign/nyu-kin/以下をすべて満たせば対象となる。①4月30日(火)までにOliveアカウント新規開設②5月31日(金)23時59分59秒までに1度で50,000円...

    続きを読む

    クレジットカードによる投資信託積み立て月上限額が10万円に拡充、Oliveフレキシブルペイプラチナプリファードが輝く

    クレジットカードは定義上「借金」である。借金で投資をするというのはまあ信用取引、空売りなんかでよくあることなのだがやはりリスクを伴うものだということを忘れてはならない。クレカ積立によってポイントがもらえるが、当然ながらリボ払いにしてしまうとそれ以上の利息を支払うことになるので当然1回払い、または2回払いにする必要がある。新NISAのつみたて投資枠の年間投資上限額は120万円(月額10万円)である。3月8日、内閣...

    続きを読む

    イオンカード、ポイント交換商品を大幅に縮小してしまう

    イオンカードは2024年2月29日をもってポイント交換商品を大幅に縮小した。現時点で残ってる項目は・商品券・チケット・ポイント移行・寄付のみである。商品券は変換に際して手数料が必要となりコスパが落ちる。他社ポイント移行はdポイントが人気らしいが他を含めて使っているポイントが存在しない。イオンショップにてカード払いと併用して商品を購入することはできる。が多くの商品は送料が常温なら550円、冷凍冷蔵なら770円ほど...

    続きを読む

    3月10日(日)までにMyJCBアプリへログインするとgiftee Box500円分がもらえるぞSmart Code(スマートコード)への誘導

    対象はJCBカード保有者でかつ、これまでにMyJCBアプリログインしたことない人と思われる。giftee Box、岐阜ティーボックスとはなんぞ?ギフティーボックスというのは約1,000種類のラインナップの中から、好きな商品を自由にえらべるギフトらしい。アマゾンギフト券、グーグルプレイ、クオカードペイ、楽天ポイント、ミスタードーナツ、吉野家など各種商品券やポイントがラインナップされている。詳細はこちらに載ってるぞ。提供さ...

    続きを読む

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    20位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    18位
    アクセスランキングを見る>>