記事一覧

    信用取引の利点

    信用取引は怖いとのイメージの人も多いが
    節度を弁えて利用すると大変心強いものである。

    メリット:
    下落相場においても利益を上げることができるかも
    取引手数料が現物より安いことが多い
    下落リスクを取らずに株主優待を取ることができる
    短期決済に向いている
    現金余力より大きく投資できレバレッジを効かすことができる

    デメリット:
    現金余力より多く投資できるのでマイナスのダメージが大きくなる
    貸株制度が使えなくなる
    借り株手数料がかかるので長期決済には不利

    例えば本日のように利益確定相場においては
    前日に現物所有株について別途空売りを行っておくことで
    翌日(本日)の様子を見ながら現渡(空売りに対して所有現物株で決済する)
    か返買(普通に返済買いして所有現物株を残す)か選ぶことができる。

    尚、一般的に手数料は現渡の方が安い。
    普通に現物株を売却するよりも安い手数料で利益確定ができる。

    信用買いにおいては現物買いよりも手数料が安いため
    信用買い⇒現引きでお得に現物株を取得できる。
    値段によっては逆転もあるので証券会社HPで確認が必要であるが。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    145位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    81位
    アクセスランキングを見る>>