記事一覧

    USドル建て終身保険

    フィナンシャルプランナーにすすめられたドル建ての終身保険。
    1ドル=60円台くらいにならないと損はしません!と
    どや顔で言われたがそもそもの利回りについて考えてみよう。

    10年払いで払い込み保険料が40443米ドル(10年)
    1ドル=95円として384万2085円が総額となる。

    死亡時の保険金は10万ドル、日本円にすると950万円となる。
    死亡保障なので死んだ場合は確実に保険料以上の金額が受け取れる。

    それでは10年後の時点で解約した場合の解約返戻金は
    39759ドルとなり、返戻率は98.3%と100%を下回る。
    もちろん10年経たずに解約してしまうともっと低くなる。

    加入から20年後に解約すると122.4%。
    年率にすると1.12%となる。
    加入から32年後に解約すると156.7%。
    年率にすると1.77%となる。
    これは為替変動が全くないと想定した場合のレートである。

    ドル建てなので当然為替変動リスクがある。
    近年ドルばらまき政策によりアメリカの相対的国力は落ちており
    当然ドルの価値は低下気味である。
    日本が強くなったわけではない、アメリカが弱くなっているのだ。

    1980年には226円であったドルの価値は徐々に低下し、
    1990年では144円程度、2000年では107円、2010年は87円となっている。
    日本も当然バブル崩壊後の失われた10年で国力が落ちているが
    それ以上にアメリカドルの価値が失われていることが分かる。
    2020年の為替レートは予想できないが80円を切っている可能性が高いだろう。

    保険なので保険会社破綻リスクも負うことになる。
    確率は低いが考慮しておく必要がある。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    114位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    69位
    アクセスランキングを見る>>