記事一覧

    三菱東京UFJ銀行と住信SBIネット銀行を比較する

    三菱東京UFJ銀行では預金額(投資信託等購入額も含む)の総額で
    ステージが設定されています。

    預金総額500万円以上になるとプラチナステージとなり
    ATM時間外手数料はもちろん、
    三菱東京UFJダイレクトでの他銀行への振り込みが
    1カ月のうち3回まで無料になります。
    他銀行への振り込み手数料はインターネットを用いても
    通常315円。
    3回だと945円/月の手数料削減となります。
    この分を金利とみなして計算すると
    500万円に対して月額945円×12カ月=11340円の金利アップ
    普通預金での金利は0.02%なので1000円
    総額12340円の金利(=0.2468%)となります。
    ちなみに1年物円定期だと0.025%になります(苦笑)






    それでも住信SBIネット銀行1年物円定期0.3%
    や静岡銀行1年物0.45%には及びませんが
    手数料がゼロになるお得感はあるのではないでしょうか。
    もっとも月3回の他銀行への振り込み権をフルに活用してですので
    一般的には住信SBIネット銀行1年物円定期にでも預けておいた方が
    良い事になります。

    限られた資金をフルに使うには他銀行へ振り込みが3回くらい発生する
    と思われる前月に三菱東京UFJ銀行に500万移して
    月をまたいでステージ確定したら住信SBIネット銀行に
    戻すのが良いでしょう。その場合ATMとかで不審者のように
    移し替えしないといけませんが(笑)

    ふと住信SBIネット銀行のホームページ見たら
    なんと無条件で他銀行への振り込み3回まで無料でした。
    ただしなぜか楽天銀行除く(!)
    これで三菱東京UFJ銀行のメリットがなくなってしまいました。
    ダメだこりゃ。ATMが多いことくらいですな。

    三菱東京UFJ銀行⇔SBI証券への入出金は互いに無料なので
    住信SBIネット銀行⇔SBI証券⇔三菱東京UFJ銀行は
    手数料フリーでインターネット上から処理できます。
    ATMとか窓口で不審に出し入れ不要ですね。

    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    99位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    61位
    アクセスランキングを見る>>