記事一覧

    ANAスーパーフライヤーズカード取得方法

    先日のブログ記事でスーパーフライヤーズカード取得方法はblog内を検索してと
    書いたものの、実は記事を書いてなかったことが判明した。
    実際に検索しても出てこない~
    なので一応書いとくことにした

    スーパーフライヤーズカードはただ単にANAに申請出せばよいカードではない。
    ANA搭乗便に一定回数登場してプラチナクラス以上を取得しなければ
    申請すら出せないカードなのである。

    一定回数とはANAプレミアムポイントであらわされる。
    プレミアムポイントを1年間のうちに5万、うちANA搭乗便で2万5千以上集めたものが
    プラチナクラスの資格を与えられる。上にはダイヤモンドというクラスもあるが
    これは割愛する。

    プラチナクラス以上になることでANA便登場に際して様々なサービス、優遇を
    受けることができる。搭乗ラウンジでのあられについてもそのうちのひとつ。
    一番の恩恵はとにかくマイルがたまり易くなることだろう。

    でANAプレミアムポイントを貯めるためにひたすら飛行機に搭乗することを
    修行という。搭乗者のことを修行僧と呼び、一般的には蔑まれるw
    なぜなら修行僧はマナーが悪かったり臭かったりするためであるw

    私は仕事で大体貯めたので修行を体験していない。

    プレミアムポイントは搭乗便の距離が長ければ長いほどたまり易くなるため
    休みとお金が十分あるならば海外便何本かで貯めることができるだろう。
    修行とは海外便ではなく廉価な国内便を繰り返し搭乗することで
    達成されることが多い。

    休みの日に羽田→福岡→札幌→大阪→羽田を1日で繰り返すとかまさに修行であるw
    当然飛行機代もバカにならない。

    そんなこんなでプラチナクラスになったらようやくANAデスクに電話なりして
    スーパーフライヤーズカードの申請書を取得できるのだ。
    なお、カード自体に審査はあるもののANAプラチナクラスであることもあり
    たぶん無職でなければ審査に通るだろう
    無職でも投資家とか書いとけば通るかもしれない。

    おそらく修行には100万程度費用が掛かるとされており
    なかなかハードルの高いカードであることは間違いない。

    スーパーフライヤーズカード内にもクラスがあり
    VISAプラチナカード相当、ダイナースクラブカード相当が用意されているが
    VISAプラチナは年会費73500円でありメリットが見込めるかは微妙である。
    なので私は最も廉価なVISAカードである。
    普通カードであってもANA側から受けられる恩恵には差がない。
    (クレジットカードポイントをマイルに変換するレートがしょぼかったりする)
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    76位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    46位
    アクセスランキングを見る>>